SNSでフォロー▼
飼い主Aをフォローする

看護学校の試験問題作成|外部講師への道

雑記

こんばんは。

らっしー&シナモン(らっしなもん)の飼い主Aです。

今日はクリニックでお仕事でした。

らっしなもんと離れる時間はとても寂しくなります。

朝から私が仕事モードのときにはらっしーには伝わるみたいです。

距離を感じます( ・∀・)!

離れたところから距離を保って見送ってくれています笑

今日のお仕事も楽しく、心地よい疲労感に包まれて帰宅しました。

仕事のためにスマートウォッチを買ったのですが、帰宅後見てみると1万3千歩も歩いていました✨

7,880円のところ、今なら25%offで購入できます。

私は5,880円で購入しました~

ちなみにこのスマートウォッチは、レビューを書いたら3,800円分のAmazonギフト券がもらえます!

私はレビューを書いたのにAmazonギフト券プレゼントのクーポン(購入時に入っていたカード)を捨ててしまっていて、残念なことにギフト券をもらい損ねました( ・∀・)!

スマートウォッチとても便利ですね。

機会があれば今度ブログでご紹介します(゚ω゚)✨

昨日遊んだ後輩も同じスマートウォッチを使っていました笑

Apple Watchほど高額の商品じゃなくていいのなら十分満足です。

看護学校の講師

私は4月から非常勤講師として看護学校に雇用されます。

昨日は看護学校から講師の在り方、授業の工夫などのYouTubeが添付されたメールが届きました。

今どきの高校生とは?

看護学生というと社会人枠もありますが、概ね18歳の学生さんが入学してきます。

看護学校から送られてきたYouTubeを見ながら、日本の高校生の傾向を学びました。

  • 勉強を主体的に行う者:40%
  • 基礎力(読む・聞く・話す)が得意な者:40%
  • 自己肯定感が高い者:45%

私のぱっと見の印象は、「勉強にやる気がなくてコミュ力が低い割に自己肯定感は高め…」と捉えてしまいました。

ですが海外の高校生と比較すると、日本人の自己肯定感は群を抜いて低いのだとわかりました。

アメリカなんかはたしか自己肯定感が高い者が80~90%程度だったように思います。

面白い講義とは?

そもそも興味がない進路を選んだ場合は、学校生活の継続は難しいかもしれません。

心身が健康でない場合もそうですね。

勉強を主体的に取り組めない人たちが学びたいと思うような授業をしなければならないということはわかりました。

今の時代、教科書は紙ではなくiPadだそうです。

つまらない授業であれば漫画を読む人も出てくるでしょう。

このあたりの対応ってとても難しいですよね。

読む・聞く・話すという基礎力が低かったり苦手な人にとっては、グループワークやロールプレイも苦痛になるでしょうし。

私もロールプレイが大嫌いでした。

面白いと思える授業ってどんな講義でしょう(°°)

教科書だけでは伝わらないような現場のエピソード盛り込もうとは思いますが、響くかしら。

15コマも任せてもらっていますし、試験問題も作成するということを知ったので(←契約後に知った笑)

まずは試験問題を作成してから、ポイントを押さえた講義を組み立てるのがいいのでしょう。

ということで、私は看護師国家試験を解き始めました🤣

14年ぶり?15年ぶり?

もう経験を重ねると自分が何年目看護師だかわからなくなりますね。

私自身どんな講義を受けたか記憶に残っていませんし、国家試験の問題も覚えていません!

若者に色々と教えてもらいながら、学生さんと一緒に試行錯誤して講義を作り上げなければならないのでしょう(゚ω゚)

まずは教えるべき内容がぶれないように試験問題から作ってみるという作戦は合っているのでしょうか。

手探りで始めます!!!

今日のらっしなもん

今日は仕事から帰宅して18時半頃になっていたので、らっしーだけ短時間のお散歩に行ってきました。

19時~22時にオンラインセミナーの予定だったこともあり、バタバタとショートコース。

らっしーもストレス発散になったでしょう✨

笑顔がまぶしいです。

シナモンには今日のお散歩は我慢してもらいました💦

さすがに22時のセミナー後に散歩には行けまい。

でもシナモン、毎日家中を爆走しているから、らっしーより運動量はあるのでは・・・

明日はふたりとも交互に連れて行きたいと思います。

ちなみに、今日も帰宅後には床紙が少しだけ剥がれていました(笑´∀`)

犯人は・・・( ・∀・)!

シナモンでしょう!!!

ブログランキング参加中です。クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 犬ブログへ
(Visited 146 times, 1 visits today)
ブログランキング
この記事を書いた人

性別:女性
年齢:30歳代
職業:緩和ケア認定看護師
急性期病院勤務14年目のカレーオタク看護師です。激務で常にストレスを抱えていた私に夫がプレゼントしてくれた愛犬(シェルティ&キャバリア)と暮らしています。流産を経験して働き方を見直し、今はゆとりある生活を意識しています。愛犬との日々&看護師ネタ&流産&カレーに関する記事をメインに綴っていこうと思います!
Instagramのフォローも是非▼▼▼

飼い主Aをフォローする
雑記
スポンサーリンク
飼い主Aをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました