SNSでフォロー▼
飼い主Aをフォローする

最強寒波で積雪|犬も猫も膝の上に集合

雑記

こんにちは。

らっしー&シナモン(らっしなもん)の飼い主Aです。

最強寒波という言葉を「はいはいそーですか」と流していたことを反省しております。

めちゃくちゃ寒かった。

そして面倒くさがりな自分の性格は猛省しております。

雪が降ることはあっても積もることって年に2回(←体感)くらいしか経験しませんから

雪が積もるのは嫌だな・・・くらいにしか思っていませんでした。

飼い主Bは交通手段がなくなると予測し、昨日から会社の近くのホテルに泊まってます(正解◎)

ニュースではやたら水道管が凍って水が出なくなるとか、破裂するだとか報じているものだから、少し怖くもありました。

携帯も外と室内との温度差でデータが飛ぶ可能性まで示唆されていましたもんね(°°)

水道管を冷やさないよう外の水道管はタオルで巻いてビニルテープで保護する方法を紹介されているのを3回は見ました。

水は流しっぱなしにしておくことで凍結を防ぐとは言っていましたが、水を出しっぱなしにする勇気はありせんでした。

まあ、凍りませんでした。

昨夜のうちに念のためお茶を沸かして熱々のまま水筒にうつしておいて、「もし水道が凍って出なくてもお茶はある!」という安心感だけは得ていました。

ストックしているペットボトルの水もあるし、1日くらいなんとかなるだろうと。

あとはご飯を炊いてストックしておきました(^^)

お風呂のお湯もなんとなく張ったまま残してましたね。

まあ、雪が降っても外に出なければなんとかなると思ってました( ・∀・)

ですが想像以上に寒い。

部屋の中でも寒すぎて、膝下1/3までは体温を感じるけれど、それ以下の末端は冷たすぎて歩こうもんならジーンときます。

冷え性ってつらいですよね💦

今回、私が何より猛省しているのは、私がずぼらな性格だという点なんですけど。

ガスコンロの乾電池の残量が切れそうなのを放置していたんですよね(´・ω・`)

まだ大丈夫!という根拠のない自信。

そして、我が家には単3と単4の電池のストックしかないのに、単1電池もあると思い込んで確認もしていませんでした。

昨夜お茶を沸かしたタイミングで実は電池が切れました🤣

正式には豚肉を炒め始めた瞬間に切れました・・・

単1電池あるだろうと思ったらどこにもない(´・ω・`)

すでに雪は降っていたので電池を買いに行けないという悲しさ。

もう2週間近く電池が切れそうなランプが点灯していたのに放置しすぎるとこんなことになりますよね。

自業自得でした💦

昨夜は豚肉をレンジでチンして焼き肉のタレをかけるだけの最高の夕飯となりました( ・∀・)

今朝もやはり電池は切れていたので仕方なくレトルトカレーを食べました(飼い主Bが会社の人にもらってたカレーをこっそりと…)

でもどうしてもコーヒーが飲みたい。

コーヒーを昨日から我慢していた私、我慢できずパジャマにコートを羽織って自販機まで行ってきました🤣

もうパジャマの熱を失いたくないから、数分であっても脱ぎたくなかったんです。

九州はこんなもんですみましたが、他の地域は雪かきをしているという話も聞きました。

ウッドデッキに少し積もっているときはびっくりしました。

寒いわけだ(;゚ロ゚)

夜はシナモンとトラキチが布団に入ってきてました。

ご飯を食べて作業開始!と思ったら寒すぎてヒーターでも部屋がいつもほど温まらない。

寒い。

・・・ということでシナモン専務を2階から招集しました( ・∀・)

足に乗ってもらうだけで温かくなります(^^)

暖をとるためにトラキチも太ももの上に乗ってきました🤣

なんという幸せか✨と思ったけどすぐ重くなって降りてもらいました笑

この雪の影響でWi-Fiのルーターが届くのも、ひょっとしたら遅れるかもしれません。

仕方のないことですが、今日は朝からルーターをもう7回も再起動しています( ・∀・)

執念で使い続けます!!!

ブログランキング参加中です。クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 犬ブログへ
(Visited 211 times, 1 visits today)
ブログランキング
この記事を書いた人

性別:女性
年齢:30歳代
職業:緩和ケア認定看護師
急性期病院勤務14年目のカレーオタク看護師です。激務で常にストレスを抱えていた私に夫がプレゼントしてくれた愛犬(シェルティ&キャバリア)と暮らしています。流産を経験して働き方を見直し、今はゆとりある生活を意識しています。愛犬との日々&看護師ネタ&流産&カレーに関する記事をメインに綴っていこうと思います!
Instagramのフォローも是非▼▼▼

飼い主Aをフォローする
雑記
スポンサーリンク
飼い主Aをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました